南部箕蚊屋広域連合は、鳥取県西伯郡【南部町・伯耆町・日吉津村】が力を合わせて、介護保険事業を推進します。

5.認知症施策の推進

 認知症についての正しい知識の普及と理解を図るとともに、状態に応じた適切な医療や介護サービスなどの提供の流れを確立し、早期からの適切な診断や対応に基づく認知症の人やその家族への支援の充実を図ります。

 認知症についての正しい知識の普及と理解を図るとともに、状態に応じた適切な医療や介護サービスなどの提供の流れを確立し、早期からの適切な診断や対応に基づく認知症の人やその家族への支援の充実を図ります。

認知症支援総合事業のイメージ図


認知症初期集中支援チーム

 認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、早期診断・早期対応に向けた支援を行っています。
 「認知症初期集中支援チーム」は、複数の専門職が認知症が疑われる人、認知症の人やその家族を訪問し、認知症の専門医による鑑別診断等をふまえて、観察・評価を行い、本人や家族支援などの初期の支援を包括的・集中的に行い、自立生活のサポートを行います。

認知症地域支援推進員

 認知症地域支援推進員は、認知症の人やその家族が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために支援を行います。
 認知症の人やその家族の相談に対し、状況に応じて、必要な医療や介護等のサービスが受けられるよう、地区担当保健師や地域包括支援センターと連携しながら、医療機関等の関係機関へのつなぎや連絡調整、相談支援を行います。
 また、認知症を正しく理解して頂くための活動や地域づくりをしていきます。
≪主な活動内容≫
 ●家族や本人からの相談など、面談・必要な場合のケース訪問
 ●オレンジカフェや地域サロンへの参加
 ●地域ケア会議など必要とされる会議への出席
 ●認知症ガイドブックを使用した認知症講座の開催
 ●新たな認知症施策の企画・提案及び参加 など

南部箕蚊屋広域連合では現在、次の2名の認知症地域支援推進員が活動しています。



認知症ガイドブック−認知症ケアパス−

認知症ガイドブックー認知症ケアパスー2016年10月25日
 認知症の人とその家族が住み慣れた地域で安心して生活していくための取り組みのひとつとして、認知症の症状に応じたサービスや制度などを一体的に紹介する『認知症ガイドブックー認知症ケアパスー』を作成しました。

認知症サポーター養成講座

 認知症の正しい知識や接し方を学び、自分のできる範囲で認知症の人とその家族をサポートする「認知症サポーター養成講座」を開催しています。
 認知症サポーター養成講座は、地域や職域団体等で、住民講座、ミニ学習会として開催しています。
 受講をご希望の場合は、お住まいの町村の地域包括支援センターにお問い合わせください。

●南部地域包括支援センター
 西伯郡南部町倭482(南部町健康管理センターすこやか内) 電話:66-5524
●伯耆地域包括支援センター
 西伯郡伯耆町吉長37-3(伯耆町役場健康対策課内) 電話:68-4632
●日吉津地域包括支援センター
 西伯郡日吉津村日吉津872-15(日吉津村役場福祉保健課内) 電話:27-5952
【南部箕蚊屋広域連合】〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺377-1 TEL 0859-39-6222 FAX 0859-39-6223