南部箕蚊屋広域連合は、鳥取県西伯郡【南部町・伯耆町・日吉津村】が力を合わせて、介護保険事業を推進します。

利用者負担

利用者負担は1割です

 サービスを利用するときは、かかった費用の1割を負担します。


※平成27年8月から、一定以上の所得がある方の介護保険サービスの利用料が、1割負担から2割負担になります。

《次の方が対象です》

 本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」の合計が単身280万円以上、2人以上世帯346万円以上の方

 

★要介護(支援)認定を受けておられる方には、平成27年7月に負担割合を記した「負担割合証」を郵送します。

居宅サービスの費用

 居宅サービスを利用した場合、要介護度ごとに1か月に利用できるサービスの費用に上限(支給限度額)が決められています。限度額を超えたサービスを利用した場合には、超えた分は全額自己負担となります。
 また、通所サービスの食費や短期入所サービスの食費・滞在費も自己負担となります。

居宅サービスの支給限度額(1か月)

要介護度

支給限度額

要支援1

50,030

要支援2

104,730

要介護1

166,920

要介護2

196,160

要介護3

269,310

要介護4

308,060

要介護5

360,650

 

施設サービスの費用

 施設サービスを利用した場合には、サービス費用の1割のほか、食費・居住費・日常生活費の合計が利用者負担となります。


 

所得の低い人の利用者負担の軽減

◎低所得の人には負担限度額が設けられます

 所得の低い人の施設利用が困難とならないように、所得に応じた負担限度額までを自己負担し、超えた部分は介護保険から給付されます。軽減を受けるためには申請が必要です。

負担限度額と基準費用額(日額)

利用者
負担段階

居住費等の負担限度額

食費の
負 担
限度額

ユニット型
個室

ユニット型
準個室

従来型
個室

多床室

第1段階

生活保護受給者・市町村民税世帯非課税で老齢福祉年金受給者

820円 

490円 

490円  
320円)

0円 

300円 

第2段階

世帯全員が市町村民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万以下の人

820円 

490円 

490円 
420円)

370円 

390円 

第3段階

世帯全員が市町村民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える人

1,310円 

1,310円 

1,310円 
820円)

370円 

650円 

※介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額は( )内の金額となります。

基準費用額は施設における平均的な費用を勘案して国が定めた費用額です。

利用者負担第4段階の人は、原則軽減措置はありません。

※平成27年8月から、特定入所者介護(予防)サービス費の要件が見直されます。

(1)世帯分離していても配偶者の所得が勘案されるようになります

(2)預貯金等について、単身の場合は1,000万円以下、夫婦の場合は2,000万円以下であることが要件に追加されます

(3)遺族年金及び障害年金といった非課税年金の額も判定に含まれるようになります(※平成28年8月から)

◎社会福祉法人等による利用者負担額の軽減制度について

低所得で生計が困難な人について、介護保険サービスの提供を行う社会福祉法人等が、その社会的な役割にかんがみ利用者負担を軽減することにより、介護保険サービスの利用促進を図ることを目的とします。


【対象となるサービス】

軽減制度を実施している社会福祉法人等が行う次のサービスの利用者負担(介護サービス費の1割・食費・居住費(滞在費)・宿泊費)が対象となります。

・訪問介護 ・通所介護 ・短期入所生活介護 ・認知症対応型通所介護

・小規模多機能型居宅介護 ・介護福祉施設サービス など

【対象者】

次の要件の全てを満たす人

@本人および世帯全員が住民税非課税であること

A年間収入が単身世帯で150万円、世帯員が一人増えるごとに50万円を加算した額以下であること

B預貯金等の額が単身世帯で350万円、世帯員が一人増えるごとに100万円を加算した額以下であること

C居住用の土地、家屋等日常生活に供する資産以外に活用できる資産がないこと

D負担能力のある親族等に扶養されていないこと

E介護保険料を滞納していないこと

 以上の要件を証明する書類を添えて申請することにより軽減を受けることができます。

【軽減の内容】

 サービス費用の1割と食費・居住費の利用者負担の1/4(老齢年金受給者1/2)が軽減されます。

生活保護受給者については、個室の居住費に係る利用者負担の全額が軽減されます。 

 

負担額が高額になったとき

◎高額介護サービス費

 同じ月に利用したサービスの利用者負担の合計額(同じ世帯に複数の利用者がある場合は世帯の合計額)が利用者負担の上限額を超えた場合は、申請により超えた額が「高額介護サービス費」として支給されます。

 

利用者負担の上限

対象者

世帯の上限額

個人の上限額

市町村民税課税世帯の人

37,200円 

37,200円 

世帯全員が市町村民税非課税で

合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える人

24,600円 

24,600円 

合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万以下の人

24,600円 

15,000円 

老齢福祉年金受給者

24,600円 

15,000円 

生活保護の受給者の人等

15,000円 

15,000円 

 

※平成27年8月から、同一世帯の65歳以上の方に現役並み所得相当の方がおられる場合に、介護サービス費の負担の上限額が一世帯あたり37,200円から44,400円になります。

《次の方が対象です》

課税所得145万円以上の方

ただし、課税所得145万円以上の場合でも、同一世帯の65歳以上の方の収入の合計が、1人のみの場合383万円、2人以上の場合520万円に満たないときには、一世帯あたりの上限額が37,200円になります。

◎高額医療合算介護サービス費

 介護保険と医療保険を利用した時の自己負担額を年間で合算し、限度額を超えた場合は、申請により超えた額が「高額医療合算介護サービス費」として支給されます。

 

限度額(毎年8月1日〜翌年7月31日)

所得区分

長寿医療制度

国保・被用者保険
7074歳)

国保・被用者保険
70歳未満含む)

現役並所得者
(上位所得者)

67万円 

67万円 

126万円 

一  般

56万円 

56万円 

67万円 

低所得者U

31万円 

31万円 

34万円 

低所得者T
70歳以上)

19万円 

19万円 

 

特別な理由がある人の利用者負担の軽減

 災害で住宅、家財などに著しい損害を受けた場合や、生計を主として維持している人の死亡や長期入院などにより収入が著しく減少した場合に、利用者負担が減免されることがあります。
 詳しくは、南部箕蚊屋広域連合または各町村の介護保険担当課にお問い合わせください。
【南部箕蚊屋広域連合】〒683-0351 鳥取県西伯郡南部町法勝寺377-1 TEL 0859-39-6222 FAX 0859-39-6223