商品紹介

現在小川養鶏場では4種類の卵を販売しています

小川養鶏場では、主力商品でもある「さくらたまご」を筆頭に、「もみじたまご」、「若草たまご」に、鳥取県産の飼料米を与え育てた珍しい「米たまご」まで。どれも開放鶏舎でのびのび育った自慢の鶏たちが産むピュアな卵ばかり。食べればわかるその味。ぜひみなさんもお試しになってみてください。

小川のさくらたまご

小川養鶏場が山陰のTOPブランドとして君臨できる自慢のアイテム「さくらたまご」。
うっすらピンク色の殻が特徴で鮮度保持力が高い。卵黄が大きく、黄身の濃さ、コクも格別。そのクオリティは卵かけごはんにすれば一目瞭然。自信をもってお届けします。

また、さくらたまごを生む鶏が初めて(初産)生む卵に、双子の黄身が高い確率で発生します。
一部ではその卵をラッキーエッグとして販売。運よくゲットされた方はまさにラッキーです。ちなみに「さくらたまご」は商標登録済。卵の特徴は下記の表をご覧ください。

 
 さくらたまご白卵1白卵2
卵重62.561.661.2
卵殻色淡褐色白色白色
卵殻強度3.723.302.91
卵白の高さ6.826.155.23
ハウユニット82.177.570.6
卵黄重 g19.5017.4118.07
卵黄卵比 %31.2028.2729.52
  • 卵殻強度が高い(殻が固く、鮮度保持力も高い)
  • 卵黄が大きい
  • ハウユニットが高い
  • 卵殻色は淡いピンク色(殻の色がさくら色)

小川のもみじたまご

さくらたまごが「春」を感じる淡いピンク色なら、小川養鶏場のもみじたまごは「秋」を思わす「茶色」の卵殻が印象的。こちらも味わい濃厚ですが、黄味の質に特徴があるためお菓子作りに向いているとも言われています。

若草たまご

南米ペルー原産の鶏から生み出される若草たまごは、なんと緑色の殻が特徴。約3日に1個くらいしか生まないという非常に貴重な卵は、卵黄が他の卵よりも大きく、ゆでたまごにするとさらに緑が鮮やかに。

米たまご

小川養鶏場の隠れた人気アイテム。飼料の主原料であるとうもろこしの代わりに鳥取県産の飼料米を与えたたまごは、卵黄が白く、味はさくらたまごよりあっさり。
ちなみに卵黄が白いのは米が主原料であるからで、飼料をトウモロコシに戻せば卵黄は黄色に。卵黄色が濃い=味が濃いは実は正しい評価ではないんですよ。






自慢の卵、そして鶏たちから生まれた小川養鶏場の2大アイテム。
そのクオリティの高さから卵に負けない人気商品として注目を集めることに。


親鶏のスモーク

一言で表現するば「噛めば噛むほど味がある」。

若鶏と違い、親鶏の最大の特徴はその味わい深さにあります。
小川養鶏場では愛情をこめて育てた鶏の胸肉を桜の丸太でゆっくりとスモーク。素材のよさを最大限に生かすため、味はシンプルな塩味に。やんわり薫る桜風味がとってもいい感じで、お酒のお供として、また料理の前菜として人気を集めています。

小川さん家のさくらたまごのマヨネーズ

1本1本愛情込めた手作り。だから数は作れません。

養鶏場が作る卵だから・・・。

これだけに卵のうま味を感じるマヨネーズはほかにはない。
それほどまでに濃厚なうまみの1本は、私たち小川養鶏場が自信をもってお届けする人気アイテムです。