ひるぜん焼そば好いとん会

ご当地グルメ「ひるぜん焼そば」って?

ひるぜん焼そばのルーツ

ますや食堂の経営者夫婦
昭和30年代、蒜山高原では、各家庭で工夫して調合した、タレで焼そば、ジンギスカンなどを食べることがブームになっていました。

そんなおり、がんこで有名な「ますや食堂」のおばちゃんが、ニンニク・玉ネギ・リンゴ等の様々な材料や調味料を調合して作った味噌だれに、親鶏のかしわ肉とキャベツを入れて作ったこだわりの焼そばが評判となり、以来、《ひるぜんの焼そば》として地元の人々に愛され続けてきました。

これが「ひるぜん焼そば」だ!

蒜山焼そば
[その1] 秘伝の特製だれ
  濃厚な味噌ベースの甘辛ダレ!
[その2] 親鶏のかしわ肉
  かめばかむほど味の出る鶏肉!
[その3] 高原キャベツ
   蒜山高原はキャベツの一大生産地!

「ひるぜん焼そば好いとん会」キャラクター スイトン

スイトン
蒜山高原に縁のある妖怪。悪いことを考えているとスィーとやってきてトンととまり悪人を食べてしまう怪物。
そのため、蒜山高原には昔から悪人がいないと伝えられています。

●詳細情報「ひるぜん高原にいこう」ホームページ
こののぼりが目印です。
「ひるぜん焼そば好いとん会」事務局
〒717-0503 岡山県真庭市蒜山富山根303-1
TEL 0867-66-3220
ケータイサイト 類似商品・便乗商品の 販売行為禁止・中止のお願い
facebook

twitter

ソーシャルボタン